たのべたかお(田野辺隆男)オフィシャルサイト

最新ニュース

時が止まったままのあの日を忘れない

2016年03月11日

未曾有の被害をもたらし、多くの尊い命が失われた東日本大震災から今日で5年となりました。

犠牲になられた方々に心より哀悼の意を表します。また、被災された皆さまにお見舞いを申し上げます。

発災時に私はNHK徳島放送局内にいました。突然、緊急地震速報が局内に鳴り響き、徳島においても長時間続く異常な揺れを感じました。テレビに流れる映像に、段々と明らかになる全貌に、現実のこととは思えずに、立ちすくむしかありませんでした。そして東北から遠く離れた徳島県の沿岸にも津波が押し寄せ、私は放送部長として長時間の報道を指揮していました。

その後、震災から2年がたった2013年6月、私は福島放送局に異動となり、被災地へ。2年が経ったそのときも、地震発生時のままの姿でした。壊れた堤防、陸上に打ち上げられた船、フロントガラスもドアも壊れた乗用車の車内には、お弁当の空き箱が放置されたままでした。

時が、その時のまま、止まっているのです。原発近くは放射線量が高いため、立ち入りが制限され、復興が全く進んでおらず、そのまま残っていました。その場に立ったときの、その空気は本当に重いもので、原発事故の恐ろしさをまざまざと感じました。いったん放射能による汚染が起こると、ここまで広く、深く、長く、影響が続くのです。今も多くの方が栃木県内で生活されています。5年が経った今も、福島の現地だけでなく多くの場所で課題が残り、栃木県内でもその被害は未だに現在形で続いています。

私たちは、自然災害の恐ろしさ、原発事故の過酷さを忘れてはなりません。

 

地震国日本においては、原子力発電は将来廃止していくべきエネルギー源です。

私は2030年代の原発稼働ゼロを目指し、政策の転換を訴え続けてまいります。

 

※写真は浪江町沿岸部 2013年11月撮影

2013-11-20 15.13.44

カテゴリー

事務所案内

平出事務所

〒321-0901
栃木県宇都宮市平出町4141-1
TEL:028-612-1223
FAX:028-612-1226

宇都宮事務所地図

〒320-0043
栃木県宇都宮市桜4-5-6
TEL:028-678-6197
FAX:028-678-6198

芳賀支部地図

〒321-3304
栃木県芳賀町祖母井1047
TEL:0286‐77‐0215
FAX:0286‐77‐0216